外国人接待で日本の風俗は最終兵器になる場合があります。


外国の会社と取り引きすると、取引の流れ上、先方が日本に納める商品の確認にきたり、あるいは製造の流れの確認にやってくることがあります。
所謂監査という位置づけで日本にやってくる彼らは、先方の会社を代表してやってきます。
従って商品の製造過程の確実さを見せることと同じくらい彼らのもてなしということも大切なことになってきます。
彼らに機嫌を損ねられると、まとまっている話がまとまらなくなるからです。


商品の納入先をもてなすことは、営業部隊の仕事であり、英語が話せるものが選ばれて、夕食を一緒に食べたりします。
場合によっては、その為に一日使って京都とか鎌倉の古都を案内して日本を紹介することもあります。
所謂、外国人接待というやつを行いますが、場合によって風俗メニュ-を取り入れることがあります。
男性のお客様の場合、非常に喜んでくれることが多いです。


外国人接待に風俗を使うと、男性外国人は我々日本人が想像している以上に喜ばれることが多いです。
外国の風俗では、日本の風俗程細かいメニュ-がなく、日本の痒いところに手が届くサービスには驚くこと必至です。
特に、男性が女性を攻めまくる形に慣れている外国人にしてみると、終始女性から責められる形は心地よい喜びになるからなのですね。
外国人接待の最終兵器といわれるのも無理からぬところです。