外国人接待には痴女M性感が喜ばれます。

海外の企業と取引をしている私の会社では、日本に訪れたお客様に対し、日本独特の接待を設ける習慣があります。
ただしその方法は、接待にあたる人に一任されることとなっています。
そして私もこの大役を任されたのですが、熟考した結果、風俗に招待することにしました。


来日当日の疲れた体を考えますと、不用意に待ちに連れ出すのもどうかと思いました。
それならば、宿泊先のホテルで楽しめる外国人接待をと思ったのでした。
日本風俗でも大人気のデリバリーを利用することにしたのですが、それだけではパンチが無いと思いました。
そこで普通のデリヘルではなく、痴女M性感を呼ぶことにしたのです。


外国には無いであろうこの風俗サービスならば、その目新しさだけでも喜んでもらえると考えました。
それにおとなしいイメージのある日本人女性が、実はこんなにもいやらしいんだと、身を持って体験してもらいたいと思ったのです。
その結果、外国人接待は大成功しました。
翌日会うと、まだ興奮冷めやらぬといった感じで、私の手を強く握りながら興奮体験を語っていました。