外国人接待の幹事を命じられ

社運を賭けたビッグプロジェクト、投資をしてくれるのは外国資本、ステークホルダーが外国人ですので日本の常識は通じないと考えなければなりません。
せっかく来日して下さった方に失礼のないように外国人接待の幹事という大役は、社長が直々に私に命じられました。


どのようなことをしたら良いのか悩みましたが、接待の基本に立ち返り、飲んでもらい、食べてもらい、そして夜はピンク色という線で行くことにしました。
日本の美味を味わってもらった後はいよいよ色事の接待です。
お泊まり頂いているホテルに女性を派遣させていただくと言うことで相手の了承を得ました。


ここで問題なのは派遣する女性の質とサービスです。
変な相手におざなりなことをされたらせっかくの接待が裏目に出てしまいます。
外国人も対応してくれてなおかつ美女のサービスが満点なところといえば選択肢はあまり多くありません。
今回私が選択したのは痴女性感とかM性感風俗と銘打ったデリヘルです。
おかげさまで接待は大成功しプロジェクトに投資してもらうことができました。