外国人接待のナイトレジャーは健全、楽しめるカラオケで

外国人の大口顧客を接待する、いわゆる外国人接待の幹事を任された以上、社運を賭けて頑張らねばなりません。
しかし昭和末期のバブルの頃ならまだしも、起業コンプライアンスとか、情報公開ディスクロージャーがうるさい現代の会社では風俗接待などもってのほか、あくまでも健全な風俗以外のナイトレジャーを斡旋しなければならないのです。


会社でプロジェクトチームを作って検討した結果、誰もが楽しめるカラオケに連れて行こうと話がまとまりました。
カラオケなら外国の歌もたくさん配信されているし、外国人にも日本発の文化と認識されているからです。
早速大手のカラオケ店に予約の電話を入れました。


果たして、カラオケ接待は大成功でした。
外国人も自慢ののどを披露し、みんなからやんやの喝采を浴びていい気分、また、私たちも持ち歌を思い思いに歌って外国人にも楽しんでもらいました。
最後は皆でかの国の歌を大合唱、楽しいひと時を過ごすことができました。